読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もゆられい

水彩画絵描きのブログ。

バレットジャーナル(追記しました)

 

 

https://www.instagram.com/p/BKffhFsgnC3/

#ロルバーン #自作 #トラベラーズノート #手帳 #付箋 #文房具 #アイデア #手帳ゆる友 #planner #rolbarun #travelersnotebook #stayshonary #bulletjournal

 

 

日本では一時期、「百円ノート術」みたいなやつ、流行りましたよね。

あのぐらいの時期に、モレスキンにハマりだしたんですけど、

一時期ノートを書かなくなってる間に、バレットジャーナルなんていうものが流行り始めたんですね。

 

それで、話には聞くんだけど、公式の動画を見ても、ぼんやりとはわかるんだけど、なんだか細かいところでよくわかんねーな????ざますな??と思ってしまい、手を出すのが少し遅れてしまったのですけれど、

 

日本の方で、すごくわかりやすく詳しく、そして丁寧な文字とレイアウトで公開されている方がいらしてから、自分の中で吸収がすごかったです。

どんだけ英語チャランポランなんだろう…

 

 

そして再びモレスキンが我が家に舞い戻りました。

 

https://www.instagram.com/p/BQALGCCgruX/

実はモレスキンを、今年から再開しておりました。#bulletjournal #bujo #moleskine #notebook #diary #planner #mac #mydesk #モレスキン #バレットジャーナル #手帳ゆる友 #手帳 #日記 #ノート #デスク

 

 

やっぱりいいよモレスキン

何がいいって外観ですよ。

このペンすら刺さらないシンプルさ。いいよ。なんと言うか手帳ってペンとセットにできてなんぼな感じしますけど、あえての「書くものなんていらねえ!血で書け!」みたいなワイルドさを求められると言うか、そんなゴツさと言うか、紙の色なんかも、黄ばんできてもあんまわかんなさそうな感じって言うか。

 

そうそう、以前ツイッターで、「ジェットストリームは経年劣化が激しくて、長期保存には向かない」と言う話題になっていましたのよね。

 

そこで私は、かつてモレスキンカイエにジェットストリームで書きなぐって、ぐちゃぐちゃに書き込んでは塗りつぶし、最終的に真っ黒い状態に近いカイエに仕上げると言うのが最高にたまらなかったのですが、時間が経つとそのインクがなんだか、油がにじむような、文字がこうところどころぼやってなってくるではありませんか!

うっとりしてたのを思い出したわけです。

経年劣化、よくないですか?

私、大好きなんですけれど。

 

ちなみに現在は、juice upを使っていますが、こちらはどうなのでしょう?

これはこれで、綺麗に書けるので、なんとなく書きなぐるような昔みたいな使い方はしなくなりましたが、勢いとか、書いてる内容の、こう、必死さと言うか、

「俺が書き留めてやる!!!!この休憩時間の合間に!!!!!!」

みたいな気迫が文字から感じられて、非常にパッションな感じ溢れる手帳に仕上がったんですけど、それとは裏腹に、圧倒的に内容が薄っぺらいものになってた気がしたんですよね…

書き留めるのに必死すぎて焦って、うまく書けないまま忘れてしまう、みたいな…

写真を落ち着いて撮れなくてぶれる、みたいな感覚にだいぶ近い気がしますが、とにかく「後からみる」ことも想定して、未来の自分が読んでもわかるようにしてあげないと、未来の自分は目すら通さない!と言うのがわかってきたんですよね…

「うっわなんだこれきたねえ読めねーしwwwwどうせろくなこと書いてねーべ」

って言って読まなくなるんです。

本当です。

悲しいかな、丁寧に書いても忘れること大半ですけれど。

 

 

<2017.3.5追記>

 

ここの記事が結構アクセスがあるので、皆さんバレットジャーナルに興味津々なのかなーなんて思います。

 

でもバレットジャーナルについて日本語で書かれている記事は結構ありますし、もっと有用に活用して使いこなしているすげー人たちがたくさんいらっしゃいます。まさに群雄割拠ですね。

動画で配信しているところもありますよね。

インスタやツイッターなんかでもたくさん画像上がってますので、きっと参考になると思います。

 

私の場合、いかに使いやすくそして低予算でやるか、モノを持たない増やさないか、というのがテーマであり、「使いこなそう」とか「仕事に活かそう」みたいな目的では使っていませんし、そういう記事も書かないと思います。

 

書くとすれば、「自分がどう使って、自作したり工夫したりしているか」だし、見られる前提でないので自分にしかわからないぐらいぐちゃぐちゃなページも多いです。なので間違っても?口が裂けても?「ここはバレットジャーナルについて情報発信するブログです!」なんて言えません。

ゆるーくなんとなーくかろうじて手帳続けてる人間の自作の手帳をちょっと晒すぐらいの程度です。

加えて、文房具というものにこだわりはあれど、「たくさん持てばいいというものではない」の方が強い傾向があるため、「新商品の〇〇を買いましたのでレビューします!」みたいな記事も書くことはありません。

ものが増えるのは勘弁してください。

 

こうやって記事にすることで、「人に話して自分を知る」みたいな、

あくまで「自分のため」に発信しています。

そもそも、自分を知るために手帳を書いているので。

 

その辺りをご理解のうえお読みくださると幸いです。

 

 

moyurayura.hatenadiary.jp

 

 

ちなみに↑でちょっとだけ、モレスキンの今のバレットジャーナルっぽいやつを画像に撮って見ました。

正直「これ必要だったかな」っていうページ結構あります。

項目とか見出しとかもコロコロ変えます。

そこらへんの自由度が半端ないのがこの方法の好きなところです。

 

ちなみに一番上のインスタから引っ張ってきた画像の手帳は、自作トラベラーズノートですが、一応、たぶん、本革です。

匂いがそれっぽいから、きっと本革です。

今はモレスキンをお試しで使っているので、封印してありますが、それまでは結構活躍していましたよ。

主にカード入れとか、付箋ストック入れとか、マステ入れたり、自作リフィルを刺したりしてスケッチしたり、「ひとりぼっち惑星」の文章を写したり、レシピノート作ったり(最近はつくおきレシピノートに化けつつある)、カクリエでスケジュール管理したり、マンスリー作ったり、バーチカルにしたり、たくさん使いました。

モレスキンが使い終わる頃に、また使いたくなった時のために保存していますが、最近

 

www.travelers-company.com

 

 

なんていうのが出るらしく、揺れ動くばかりですね。

 

 

moyurayura.hatenadiary.jp